前提知識は重要 〜歴史小説を読む前に歴史を知っておこう〜

NO IMAGE

今、燃えよ剣(司馬遼太郎著)を読んでいます。

この歴史小説は、新撰組の土方歳三にスポットを当て、その生き様を描いています。
時代の移り変わる中、自分の信念に忠実に生きようとしているのが読んでいて伝わってきます。

新撰組が新撰組になる前の話から始まり、
新撰組として散っていくまでが描かれています。

「池田屋事件」まではすんなり面白く読めていました。

今読んでいるのは物語の中盤あたり、
薩長同盟が成立し、倒幕活動が激化し、ついに大政奉還となるところ。

土方歳三の近藤や新撰組に対する思い、愛する人への思いが、痛いほど伝わってきます。
歳三だけではありません。
近藤やお雪、新撰組や倒幕側の浪士たち。
時代に翻弄されながらも、みんなれぞれの思いを持って生きていたんです。

 

だがしかし、です。
楽しく読んではいるのですが、私が歴史についてあまり詳しくないため、
いまいち登場人物の対立関係がぼんやりしてしまっています。

「尊王」「攘夷」「倒幕」がごっちゃになっているんです。

もちろん、新撰組 VS 七里研之助、とか、新撰組 VS 薩摩藩の浪士、等の単純な対立は理解できます。
ですが、どういう理由で対立しているのかがぼんやりしていました。

 

なんでもそうですが、物事を理解するには、その前提知識をしっかり持っていることが大切です。
前提知識がないままに読み進めると、基礎工事をしないままに家を建てるようなもので、
物語がすんなり頭に入ってきません。

そこで、幕末の歴史を整理してみました。
まず、幕末とはどのような時代だったのか。

幕末の日本では、外国船が頻繁に日本海に現れるようになり、
鎖国をしていた江戸幕府に対して開国を要求していました。
そこで出てきたのが外国人を排斥する思想「攘夷」です。

「尊王」の王とは天皇のこと。天皇を敬う考えのこと。
でも、天皇 VS 幕府ということではないんです。
私は鎌倉幕府のときの、天皇 VS 幕府、という対立が頭にあったからか、
新撰組の立ち位置がよくわからないまま読み進めていました。

幕末の時代では、天皇 VS 幕府、ではなかったんですね。
新撰組は幕府側についていますが、もともとは天皇を守りたくて結成されました。
当時の日本は、天皇が一番偉く、幕府は政治を代行している、と考える人が多かったんです。

幕府は外国の軍事力の強さにおどろき、開国しました。
そして外国人が日本に入ってきて、政府は弱腰だと非難が起こり、
それが「倒幕」へと傾いていくのです。

 

簡単に整理するとこうなります。
・尊王:天皇を敬うこと
・攘夷:外国人を排斥し国を守ること
・倒幕:外国人に弱腰な幕府を倒すこと

薩摩藩、長州藩も最初は「攘夷」の考え方でした。それが「倒幕」へと傾いていったのです。

 

物語の中では幕末の日本の歴史については深くは描かれていません。
物語の流れ上、歴史のことには触れますが、
例えば、物語の裏で、薩摩藩と長州藩が「薩英戦争」「下関戦争」で外国船と戦っていたことは出てきません。
その戦争により、倒幕へ傾いていったことも。

 

歴史を知った上でこの小説を読んだらもっと楽しめていたんでしょうね。

さて、これから大政奉還後の物語を読んでいきます。

仲のいい沖田は死んでしまうのか?
幕府の力が弱くなっていく中、新撰組はどうなっていくのか?
お雪との関係はどうなってしまうのか?
土方は自分の信念を貫くのか?

今回、歴史を調べたことにより、きっともっと楽しんで読めると思います。